2012/12/09(日) 17:23
太鼓が繋ぐ和



どこか懐かしい気持ちになる、雪景色がきれいな青森県おいらせ町にやってまいりました「



昨日の朝出発し、13時頃到着セァ

覚悟はしてたけど、とっても寒い!

到着してからリハ&練習をしました


打ち手の私たちだけが来れば大丈夫なように、主催者の方が太鼓を全て借用という形をとってくださいましたニ
ほんとにありがとうございます!
(山猿は新幹線で移動しました)



夜は出演者の皆さんで懇親会

震災を受けても太鼓を通して前に進んでいきたいと願い、活動する皆さんと交流ができ、とても貴重な時間を過ごすことができましたニ



そして本日!!


「おいらせ町 和太鼓フェスティバル〜鼓堂スペシャルライブ」
の本番を迎えました


私たちはオープニングの一発目ということで、しっかりとバトンを繋ぐべく舞台へ!


山木屋を思い出す大自然豊かなこの場所で、故郷を想いながら演奏させていただきました


たくさんのご協力と拍手をいただき、ありがとうございました!!


そのあとは、地元や宮城県の団体さんの演奏を聞かせていただきましたニ


その地域によって太鼓のスタイルや打ち方に特徴があり学ぶことが多く感動しました!




そして、スペシャルゲストで鼓堂さんが最後に演奏マ!


「太鼓を打つ」

その意味、大切さを学ぶことができましたニ
男性のたくましさや、その中にある優しさ
女性の繊細さや、美しさ

そしてそれぞれがひとつになったときの完成度が、観客を楽しませ感動に繋がっておりました


フィナーレでは、鼓堂さんの
「彩〜いろどり」で出演者みんなが参加しひとつになりました!

太鼓の持つ力を感じ、心から楽しかったですマ




この体験をこれからの自分に、そして後輩たちに伝えていきたいと思います!


貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました


これから福島に帰りますセ





代表
遠藤元気







コメント (7)




←前|次→
(7)
コメント

top