覚醒剤はしたら脳が縮むし末期になったらぷるぷる震える
なぁ〜にがしながらhしたら500倍だ そうかそうかじゃあお前等は
高相ゆういちとhして最高に気持ちよく普通のh500倍(笑)と言ってるのりぴーというわけだ

まぁしょうがないよな 麻薬したら感覚がおかしくなるし可哀想だが終わってる 哀れだあんな美人なのに♪〜人生を誤った そうとしか思えない
麻薬で死ぬ70%はヘロインでありヘロインは死の薬ですると死ぬ薬で副作用どころでは無く死ぬ薬★
あというまでもないがヘロインは100%するなという事
多くの人間が死亡した
レミー・キルミスターも反対している★

するならマリファナで気持ちよくほとんど副作用が無くアメリカの映画とかで頻繁によく出てくる中流家庭の普通の父母が「オレ昔吸ってたんだ♪〜」おばかだがラドクリフもしていた
まぁ副作用も少々あるがぷるぷる震えたり長い間苦しんだりする事は無く
するとしたらマリファナである 一部の国ではマリファナをするのが合法になっている国もあるぐらいでだが副作用が完璧にないというわけではなく
オランダは将来国をあげて大麻の品種改良をして効果を上げ副作用が完璧になくなるように研究に励めばいい★
マリファナ代ただで研究の為に協力してくださいとオランダで募集したら絶対集まるし研究中もほとんど副作用が無くむしろ気持ちよくそれで研究に協力したからお金ももらえるし
間違いなく技術は進む★
簡単にいうと昔日本ではふぐも毒があって毒があったらだめだが毒が無くなったら「ふぐ」という新しい価値観が出来た★
アメリカも合法化に向けて〜
近年大麻合法化への動きが顕著なアメリカなどでは、大麻はその毒性も依存性もタバコなどより低いことから住民投票により多くの州で大麻は合法化されるか、きわめて軽微な罰則になっている[21]。


大麻の場合『THC』には発がん性はありません。
依存性で言えば、『ニコチン』は他の規制薬物『ヘロイン、コカイン、覚醒剤』と同等以上です。
大麻の場合は『カフェイン』程度で『ニコチン』『アルコール』と比較しても相当低いとされています。
政府の公式な見解『ダメ・絶対センター』による見解がインターネット、実社会など至る所で見かけますが、この見解には科学的な根拠がないことが情報公開請求で明らかになっていますので参考にはなりません。
法律は絶対ではなく、多くの矛盾や間違いを孕んでいるものです。
でなければ立法機関の必要性がありません。
残念なことに日本の大麻取締法は違憲といわざる終えません。
先進国14カ国では、既に『科学的根拠』や『人権の尊重』から個人使用を合法化がなされています。
この問題は日本国や政府、私たちの身の回りの問題を理解するために非常に良い切り口になると思います。なぜなら大麻取締法の背景やそれに関わる厚生労働省の対応、検察、裁判所の対応に多くの矛盾があるからです。




[←戻る]